ザ・アウトプット・マガジン

【自立為王】自立試練『備蓄堅城』とは

  
\ この記事を共有 /
【自立為王】自立試練『備蓄堅城』とは

遂に自立宣言を行い、自立試練が開始されました。自立試練は全部で4つ。概要は『まだ間に合う!新三国志 自立為王(じりついおう)とは』で紹介しているので、確認をしておいて下さい。ちなみに、自立試練とは、以下の4つ。

  • 備蓄堅城
  • 候覇臥轍
  • 戦車到来
  • 君王試練

この記事では、最初の自立試練「備蓄堅城」を紹介します。

備蓄堅城とは

 

自立宣言後の翌日13時から翌々日13時まで行われる、採取イベントです。自軍団と連盟の全員が採取することで、いち早くイベントクリアが可能です。君主レベルや城レベルよりも、参加する人数がものを言います。

領内で資源採取をすると、最寄りの郡城敖倉に自動的に荷馬車が荷物を移送します。

さらに、採取から自城に戻ってくると、輻重箱がもらえます。この輻重箱を郡城敖倉に寄付して城の強度を高め、君王試練に備えます。

 

目標は、5つの郡城と王城の合計6つを満タンにすることです。

 

【プレイ記録】備蓄堅城

備蓄堅城は、ひたすら採取するイベントなので、君主レベル&城レベルに関係なく参加する事ができます。前述しましたが、如何に5連盟のメンバーが強力してくれるかによって成否が決まります。

現在、城レベル52/君主レベル70のぼくは採取Lv14までの採取が可能。採取Lv14の採取場では、1時間に210万の基礎採取が可能。技術加算+50%、軍団城加算+50%が加わると、1時間に420万の採取ができます。

こうなると、恐ろしく行軍を消費していきます。ぼくの1軍から4軍までの耐荷重は以下の通り。

耐荷重
1軍2820000
2軍2817000
3軍2169000
4軍3052700

 

ザッと計算すると・・・

耐荷重1回あたりの採取時間
1軍2820000約40分
2軍2817000約40分
3軍2169000約30分
4軍3052700約43分

 

つまり、4軍すべてLv14の採取地で採取させると、あっという間に行軍が減ってしまうのです。とは言え、これは備蓄堅城に限ったことではありませんね。

プレイしながら思っていたのですが、定期的な採取イベと同じタイミングだと一石二鳥で、良かったなと笑。

 

ちなみに、初の備蓄堅城は5つの郡城のうち満タンにできたのは1つだけでした。

耐久度
2313万/4500万
武威505万/1800万
平原1800万/1800万
安定286万/1800万
許昌1700万/1800万
五原335万/1800万
Copyright©マングローブという木は存在しない!,2022All Rights Reserved.