ザ・アウトプット・マガジン

まだ間にあう!新三国志 自立為王(じりついおう)とは

    
\ この記事を共有 /
まだ間にあう!新三国志 自立為王(じりついおう)とは

2022年3月3日にバージョンが3.0になり、遂に自立為王(じりついおう)がはじまりました。海外の状況は、アメブロの『「新三国志」情報まとめ』で入手していましたが、実際にやってみないと分からない事だらけです。

そして、自立為王がはじまって約1週間。改めて、自立為王とは何か、自立為王の流れを解説します。

 

自立為王(じりついおう)とは

 

自立為王とは、新三国志3.0から導入されたコンテンツです。1マップあたり2000名のプレイヤーが集まり、魏蜀呉の3国に分かれて覇を競います。

自立為王には、3つのサーバーが用意されています。3つのサーバーとは

  • シーズンサーバー
  • 初心者サーバー
  • 帰還サーバー

です。

各サーバーの役割については割愛しますが、ぼく達がプレイするのはシーズンサーバー。アクティブが集まったサーバです。

自立為王は期間限定のコンテンツで60日が1シーズンとなっています。シーズン前に3つの申請方法で自立為王に参加申請を行います。3つの申請方法とは、

  • 軍団申請
  • グループ申請
  • 個人申請

です。ほとんどのプレイヤーが軍団申請をしたと思われます。但し、軍団を離れて1人で楽しみたい、今までは国が違って一緒にプレイできなかった友だちとプレイしたいという人は、それぞれ個人申請、グループ申請をしたようです。

 

 

自立為王の流れ

 

自立申請

さて、シーズンサーバーでプレイを始めたらすぐに自立為王をプレイできるわけではありません。事前に準備が必要となります。何をしたら良いのか・・・、それは自立為王を開始するための「試練条件」をクリアすることです。

試練条件とは

  • 王城を確保、且つ民心を「信頼」
  • 本国占領郡城を5つ確保、且つLv10、民心を「信頼」

です。

 

その為、同国の他軍団と調整しながら郡城数を増やし王城(魏の王城は「鄴」)を確保。せっせと民心を上げるという作業を行います。もちろん、他国からの攻城もあるので自立に必要な郡城を確保しつづける必要があります。

そして、めでたく条件を満たすと、軍団長が自立申請を行い自立試練が開始となります。自立試練は自立申請の翌日13時からはじまります。

 

自立までの流れ

 

自立申請を行うと、軍団長は自国の軍団と同盟(国家連盟)を結べるようになります。この国家連盟が自立為王の中でも重要。苦楽をともにして自立。更には、共闘して自立為王終了後にゲットできる報酬を分かち合います。

国家連盟は5つの軍団で結ぶことができます。どこの軍団と国家連盟を結ぶかは戦略上とても重要なるのは言うまでもないでしょう。

自立するには、4日間にわたる君王試練をクリアする必要があります。君王試練とは

  • 備蓄堅城
  • 候覇臥轍
  • 戦車到来
  • 君王試練

の4つです。君王試練の詳細は後ほど紹介しますね。

この試練をクリアすれば、無事に王座獲得となるわけです。

 

国家連盟に参加すると・・・

国家連盟に参加したプレイヤーには、以下の権限が与えられます。

  • 自立試練に間、各試練に参加でき、貢献度を獲得可能(自立成功後、貢献度に応じて報酬がもらえる)
  • 試練対象内の城の防衛設備から影響を受けない
  • 君王試練開始時、自立軍団と共に、駐屯および試練対象内の城の占領が可能

 

君王試練

 

次に、自立するために用意されている試練4つを紹介します。

 

備蓄堅城

自立試練開始後、当日13時~翌日13時。所属する国の郡城の範囲内で指定量の資源を採取する試練です。インフォメーションによると、『資源を採取すれば敖倉に輜重を集めることが可能になり、城壁のHPが増加します。』とのことです。

要するに、24時間の採取イベですね。

 

候覇臥轍

自立試練開始後、2日目の13時~4日13時の間、城の周りに闘技場と草盧が現れ、武官と文官を招くことが可能になるます。武官は闘技場で戦うと招くことができ、文官は草盧で陳情書を渡すと招くことができる。ちなみに、陳情書は賊が一定の確率でドロップ。

武官と文官を集めることで、試練城にる防衛軍の強さと火攻や衝車に対する抵抗力が増加する。具体的には、火攻で受けるダメージを減らし、衝車の行軍速度を遅らせ、衝車の生産数を減少させます。

この後、戦車がきたりNPCに攻められるみたいなので、しっかりと準備しておきたいですね。

 

戦車到来

自立試練開始後、3日目の13時~4日目の16時。地図上に現れる3カ所の城驛を占領し、戦車の力を削減する。戦車は13時に出現し、当日の16時、21時、翌日の11時毎に3カ所の城驛に到着。

兎に角、城驛を占領することが大事。

 

君王試練

自立試練開始後、4日目の21時~22時。試練部隊(NPC)の侵攻に耐える!!!

侵攻は3回行われ、1回毎に15分続きます。期間中に王城または郡城を2つ以上落とされたら、自立失敗。落とされた郡城が1つ以内の場合、自立成功。

戦力にも寄りますが、捨て城を用意して戦力を集中させるのも良いのかも。

 

時系列を表にまとめると、下の図のようになります。

自立申請後の翌日を1日目としています

 

自立に失敗すると・・・

万が一、自立に失敗すると、その軍団は24時間以内に再度自立宣言することは出来ません。

さらに、王城と5つの郡城はすべて群雄に占領されてしまいます。

 

王座獲得と自立報酬

 

無事、自立試練をクリアすると晴れて、自立成功となります。自立が成功すると、各同盟に所属のプレイヤーは、貢献報酬と自立成功報酬がもらえます。

貢献報酬の内容は、自立機関に獲得した貢献度に応じて決まります。最高段階に達すれば、専属の城外観をゲット。

自立成功報酬は、君王試練で失った城の数に応じて決まります。城を一つも失わなければ、専属の行軍スキンをゲット。

ということは、捨て城作戦はうれしくないかもですねwww。

 

君王擁立

自立成功後、自立申請(自立宣言)した軍団長は12時間以内に君王を擁立できます。

擁立できる君王は、自軍のメンバーのみ。もし、時間内に擁立しない場合は、自動的に軍団長が自国の君王になります。

君王擁立後、洛陽場外に君王の彫像が建ち、彫像から2マス以内の国家同盟メンバーは、攻城ダメージがあがり繫栄度減少量が減少します。

君王を除いて、自国の全プレイヤーは彫像を敬拝することが可能。敬拝後、民望を獲得でき、君王が新たな国策を発布するのに使用可能。

君王となったプレイヤーには、専用の外観が開放されます。外観は、専属の城外観、専属のプレイヤーアイコン、専属のアイコンフレームと専属のチャット吹き出し。

君王には次のバフが付きます。

  • 部隊の攻撃速度+5%
  • 部隊の防御力+5%
  • 行軍速度+5%
  • 城内資源生産速度+5%

君王擁立後は、君王の変更及び軍団からの脱退はできないっと。

 

国号

君王擁立後、君王は12時間以内に国旗と国号を決める必要があります。

国号は1文字のみ(魏・蜀・呉みたいな)で、他のサーバーと国号と重複は不可。時間内に決めない場合、システムがランダムに国号を決定します。

国号が決まると、国家同盟の全プレイヤーに立国アイコンフレーム(「国の柱石」)を配布。

国号を決めると変更することはできません。

 

国家同盟

 

自立成功後、国家同盟は臨時状態から正式状態に変わります。国家同盟内の全プレイヤーは友軍となり、お互いに共同防衛が可能となります。軍団を脱退して発生するクールダウンタイムは30分。

国家同盟内の全プレイヤーは、国家同盟が占領したすべての城を訪問することができようになります。もちろん、お互いの城を攻撃することはできないです。

さらに、国家同盟は郡城市場を共有(これでアイテムの入手しやすくなる)、城技法と城バフも共有対象です。

自立国家の君王は以下の特権を獲得

特権説明
賜封国家同盟のプレイヤーを任命。官位バフを獲得することができる
宣言国家同盟のプレイヤーに同盟メールを送ることができる
国策民望を消費して国策を決め、国家同盟のプレイヤーにバフを与えることができる

 

新国策一覧

国策説明
堅壁清野国家同盟が占領する城の耐久力と防衛軍の攻撃力を増加
軽徭薄賊国家同盟のプレイヤーの資源産出量を増加
招兵買馬国家同盟のプレイヤーの兵士募集速度と負傷兵回復速度を増加
勤耕不輟国家同盟プレイヤーは、占領した郡城内の採取速度を増加
新地開拓国家同盟のプレイヤーが城と城建設を攻撃した際、耐久力に対するダメージを増加
全軍出撃国家同盟のプレイヤーが自国外のプレイヤーを攻撃する際、繁栄に与えるダメージを増加
全城警備国家同盟のプレイヤーが攻撃を受ける際、繁栄ダメージを減少
安内攘外国家同盟のメンバーが盗賊を討伐する際、一定の確率で加速箱をドロップする
君賜福袋国家同盟のプレイヤーは、指定の時間に限定おみくじに参加できる
王城討城王城の領地内で黒山賊を召喚し、
黒山賊を討ち取れば国家同盟のメンバーは亀貝を獲得できる

 

Copyright©マングローブという木は存在しない!,2022All Rights Reserved.